歴史

■「食」で地域の活性化を担う商店街

飲食に特化したユニークな街

イタリア産自然石が敷き詰められた通りに飲食店がひしめきます

JR川崎駅東口の長いエスカレーターを降り、バスターミナルと京浜急行線を越えると、市役所通りと駅前大通りに挟まれ国道15号線に至る、大きな商業エリアが広がっています。

主な通りごとにある7つの商店街の中で、飲食店が集まり個性的な通りを かたちづくっているのが「川崎駅前仲見世通商店街」です。

東海道五十三次の一駅「川崎宿」として古くから栄え、昭和24年、十数名での「仲見世通り新栄会」の発足から同41年の「振興組合」への改組を経て現在に至っています。

近隣商店街と連携し、さらなる発展をめざす

観行院・善光寺関東別院 大黒様

昭和63年から平成2年にかけての街づくり事業で、電線の地下埋設、イタリア産自然石での舗装、街路灯の増設など、より快適に飲食していただける現在の街並が整備されました。

毎年4月には『かわさきアジアン・フェスタ』に中華料理のお店が参加したり、『かわさき餃子舗の会』を組織し「餃子の街かわさき」の知名度アップをはかるなど、特に「食」の面から地域の活性化に貢献しています。

そして10月には川崎駅東口の6つの商店街の合同イベント『いいじゃん・かわさき』が開催されます。地元警察や消防の協力も得て、このエリア一帯が巨大なお祭り広場となります。  

川崎駅東口駅前広場再編計画も進行中

近年、川崎駅西口周辺の大規模な再開発などで東京や横浜方面からの新しい人の流れが生まれています。その流れを東口へもスムーズに誘導できるように、東西自由連絡通路の増設やバリアフリー化、東口駅前広場の平面化など「川崎駅東口駅前広場再編計画」が進行中で、数年後の完成が待たれています。

商店街の入□では飲食を象徴したネオンアーチが迎えてくれ、なかほどには商店街の名前の由来となった「善光寺」の大黒様が、行き交う人々を見守っていてくれる、味な街です。